りすりすプロトコル2

女です。IT系の仕事をしてます。好きな言葉は先手必勝。でも早起きは苦手。努力もなるべく遠慮したい。

環境があっという間に作れることを実感したのよ。

VirtualBoxの仮想ハードディスクのサイズ、作るときはつい気楽な気分で適当なサイズにしてしまいがちなんだけど、これって後から拡張するの、割と大変なのよね。

ゲストOSがLinuxの場合のみかもしれないけど、まあそう簡単には行かない。

 

今回、dockerを使って色々やる環境をVirtualBoxLinux上に作っていたのだけれど、dockerのイメージってGB単位でサイズが大きくなるため、あっという間にルートの容量が100%になってしまい。

いらないものを探したけど、なかなか削除できるものがなく、一度は面倒な手順で追加の6GBを作って拡張したんだけれど、(なんでもっと大きくしなかったのか。。。)それもあっという間に使い切ってしまって、もうどうにもこうにも状態に・・・

 

もう、しょうがない。

ちゃんと大きめサイズで最初からVirtualBox作ればよかったんだ。

Vagrantにしとけばよかったかな。でもまあ、ゲストOS(コンテナから見るとホスト)側にはdockerくらいしか入れてないし、これ以上すり減るのはやめて、一から作り直そうということにした。

 

OSのイメージからインストールして、ネットワーク関係の設定をして、docker入れて。

で、ここからが今日の本題。

コンテナイメージたくさん作ってたけど、そのDockerfileやdocker-compose.ymlを元のゲストOSからscpで取り出しておいたので、それをゲストOSにscpで転送したら、あとはdocker-composeコマンド一発で、元の状態と同じコンテナができたわけですよ。

 

おー、感動するわ。

あっという間に同じ環境になったわ。

 

registryとか立ててなかったけど、そんなことしなくても、コンテナってやっぱりすごい便利と感じたわ。

それと、全部のコンテナイメージをDockerfileで自動生成できるようにしておいたのが良かった。いつでも初期状態からでも、同じコンテナが作れる。

 

で、ディスク容量の方は、35%の使用状態になって快適なわけです。

 

はぁぁぁぁ、プラットフォーム寄りの知識がなさすぎて、いちいち時間がかかってしょうがない。色々勉強にはなるが、もう覚えきれないしね。新しいこと。笑。

休みも何もあったもんじゃない。

 

寝よ。寝よ。

 

 

 

空飛ぶモンティ・・・

仕事がヒマなので、Python使いにでもなろうかと。

これを「パイソン」ってすっと読めるになったの、割りと最近よ。

 

Ansible試してみるために、Pythonを気にしたところがきっかけで。

まあ、Python書けなくても、Ansibleは使えるんだけれどもね。

私が仕事で使っているPCはmacなんだけど、macにはPythonがもともと入っていることさえ知らなかった。

でも、デフォルトはPython2系のようなので、3系を入れて・・・云々しているうちに、なんとなく出来るようになっておこうかなと。

機械学習とかでも使うしね。

ちょっとした便利ツールを自分用に作ったりも簡単そうだしね。

 

エディタは、やっぱりAtomなのかしらね、とインストール。

Githubとかでも、みんなMarkdownで書くしね。

 

しっかし、Atom重いので使うかどうか微妙。

スクロールとかまともに動かないし。使えるのかな、これ。

プラグイン豊富!というのがウリらしいが、たくさん有りすぎて逆に引くわ。

単なるテキストエディタがこの遅さって、ありえない気もする。

 

 

忘れてしまう前に書いておこう

先月のお話。

 

やたらと忙しい割になんだかつまらない仕事を任され、全力投球したけど初めから何かが違ったままで、軌道修正してきたはずなのに最終的にはそれが無意味で、精神的にかなりいっぱいいっぱいになり、夜は眠れないし、四六時中に何かに追われてる精神状態だし、帰宅しても1点見つめて動けないし、意味もなく泣き続けてしまうし、他の人に変わってほしいと言っても、私以外にはやれる人がいないとか言われちゃうし、「もう仕事辞めるしか無い」とまで思い詰めた。

 

でも、考えてみれば、なんでこんなことのために私が壊れなくちゃならないのか。所詮は仕事じゃないか。

それに、仕事に関して、私は何一つごまかしなくやってきたし、恥じるべきところはない。

とにかくこれ以上続けたら、自分の心身の健康が危ういと思い、もうそれほど残っていない残タスクをすべて書き出し、本来もっと関わってもよかったはずの人達にすべて託して、しばし休暇をもらうことにした。

 

休む前は、リフレッシュ出来るかどうかなんてわからなかったし、もう二度と仕事出来ないかもしれない、とも思ってた。しばらくは病院通いになるのかもとも思っていた。

でも、さすがに社会人歴も長いし、自分の取り戻し方なんてそんなに難しくなかったらしく。

なんやかやと楽しいことをいろいろ計画して、あちこち出かけたりしているうちに、仕事のことはすっかり忘れ、浮かれポンチな私がすぐに戻ってきた。

夜も安眠できるようになり、落ちた体重もだいぶ元に戻った。

 

私の訴えをすぐに理解してくれた上司にも感謝だし、穴埋めをしてくれたチームメンバーにも感謝。(いや、でもね、穴埋めっていうほどの穴はなかったはずだけども。ほぼやりきってたし。もともと責務が重すぎたんだって。)

 

そして何より、夫に感謝。

出張続きで、ほとんど家にいなかったこともあり、私がかなり精神的にキてることを夫はまったく気付いていなくて。私も心配かけたくなくて、黙ってたんだけども。そのことを「ごめんね」って言ってくれた。夫は何も悪くないのに。

そして、「辛かったら仕事やめていいからね」と言ってくれた。「二人で楽しく生きるために仕事しているんだから、そんなに辛い思いをしてまで仕事するのは本末転倒だから」と。

私が最後までやれなかったことが悔しい、と言ったら、「完投しなくても勝利投手になれるよ」と言ってくれた夫。勝ったのか負けたのかは実際わからないけど、でもそう言ってもらえて気が楽になった。

そして、ここぞとばかりに私はいろいろワガママ言わせてもらって、欲しいもの買ってもらったり、出張について行ったり、おいしいもの食べさせてもらったり、一人旅に行かせてもらったり、お酒飲めないのに飲みに付き合わせたり。

何一つ文句も言わず、いろいろとさせてくれた夫。

本当に有り難い。

 

これから、また再び頑張ろうと思っている。

でも、仕事に対するスタンスは、ちょっと変えていこうかな。

仕事して稼いで、夫にポルシェの一つでも買ってあげられたら気持ちいいだろうな、というのがもともと私が仕事している動機だし。

私らしく、でも適度にやろう。周りの人の意見は、あまり参考にしなくてよいと思う。

 

嫌なことは忘れたけれど、まだ立ち直ってはいない。

仕事がなくなったので、暇になって、いろいろと勉強している。適度なヒマは大事だと思う。

ゆっくりとこれから先のことを考えよう。

RSUの確定申告

昨年、フリーランスSEをやめて、正社員となったので、

フリーランス生活で唯一、"面倒だ"と思っていた確定申告が不要な身となったと思っていたのだが、

結局のところ、ふるさと納税だのなんだので、今年も確定申告やることに。

 

3月15日ギリギリに焦らないように、と意を決して確定申告書作成コーナーにアクセスした。

まあ、今回は源泉徴収票があるので、経費入力したり、減価償却計算したりするのに比べたら、まったく大した手間ではないんだけど、よくわからなかったのが、RSUの扱い。

 

RSU (Restricted Stock Unit)

 

一言で言うと、会社からボーナスの一部として株を支給されるわけなんだけど、これは年末調整対象になっていないので、2016年に貰った分については、源泉徴収票の給与額に上乗せして申告が必要になる。つまり、給与所得の一部になる。

 

ちなみに、RSUは、権利をもらったあと、実際には4年に分けて支給されるので、申告が必要なのは今年実際に自分が貰った分のみ。

もし、貰った後に売却して利益が出た場合は、それは別途、譲渡所得としての申告が必要らしいが、私は売却せずそのままにしていたので、給与所得としての申告のみでOK

 

とはいえ、株式の金額はどうやって計算するのか?

いろいろ調べたところ、貰った時点の時価と為替レートでの計算をすればよいらしい。

為替レートは、銀行サイトとかOANDAなどで、貰った日付のレートを見ればよいだけ。

 

で、国税庁の確定申告書作成コーナーへ。見慣れたサイトである。

所得税の申告書を選んで、給与所得専用を選べば良い。

f:id:risuprotocol:20170219225515p:plain

で、重要なのは以下。

年末調整は済んでいたとしても、「年末調整を行っていない」にすること。

そうしないと、後で最初からやり直す羽目に陥ります。

f:id:risuprotocol:20170219225701p:plain

あとは、先ほど計算した、貰った株の貰った日時点の円換算額を、給与所得に上乗せして、申告書を書きます。

下図の"支払金額"のところに、源泉徴収票の金額をそのまま書くのではなく、株の分を足した金額を入力する。

後は、源泉徴収票のそのままでよい。

 

 → ただし、RSUってたいていは源泉徴収票の会社(日本法人)からではなく、本社からの給与だったりすることが多いはず。その場合は、合算ではなく、2箇所以上からの給与ありというほうにして、それぞれで入力すること。

 

f:id:risuprotocol:20170219225941p:plain

 

ということで、確定申告はおしまい。

私はe-Taxは利用しないので、プリントアウトして税務署に送るのみ。

 

ちなみに、ふるさと納税は、「寄附金控除」のところに入力します。

複数件ある場合も、金額のみ全部を合計した額を入れて、1件分で入力可能なようです。

日付と寄付先は、いずれか1件の分を入れて、金額のみ合計した額を入れます。

(別途、一覧表を作って添付したほうがよいかもしれませんが、まあ必須ではないかと)

バージョンアップの罠

私はミドルウェア担当。プラットフォームは知りません。

とばかりも言っていられず、目下RHELと格闘中。。。

ていうかね、RHEL6までは、というかCentOS6.xまでは、そこそこ知ってたつもりだったのよ。

それがさ、RHEL7になったらさ、いろいろ変わってるじゃないの。

さて、使おうとしてみると、

あったはずのコマンドがデフォルトでは使えなかったり、

iptablesの設定も、何やらfirewalldとかに変わってて、設定の仕方わからないし、

いちいち時間がかかる。

 

せめてヒントくらいは出してくれないものかしらね。

どこのベンダー製品かしらね。

 

なぜか突然、仮想通貨が気になりはじめた

夫が購読している『日経ヴェリタス』。

数学オンチ、機械オンチなSEな上に、政治経済にも関心ありません、なわたくしにとっては、紙ごみにしか見えなかったのだけど。

今週号の一面は、仮想通貨についての記事で。

最近また目にする機会が多くなってきたこの言葉がふと気になってしまい、「仮想通貨ってなんじゃらほい?」ということで、初めてヴェリタスを熟読したのでありました。

 

しかし、これがまた、読んでも読んでもわからない。

 

ビットコインという固有名詞は聞いたことあるし。それを扱ってたマウントゴックスとかいう会社が経営破たんしたとかいうニュースは覚えている。

最初に頭に浮かんだのは、「ネットゲームとかでやりとりするポイントみたいなもの?」というイメージだった。一時期、そういうのが実際のお金で売買されていて、問題になったこともあったしね。

でも、記事によると、仮想通貨で支払い可能な国内の店舗が増えている、とのこと。実際の支払いに使えるらしい。ということは、いまならレビューを書けば、楽天ポイント1000ポイントプレゼント!とかそういうのに近い感じだろうか。

 

ヴェリタスによると、仮想通貨は発行主体がなく、入手するには、採掘するか取引所で購入する、とある。

ここで大きすぎる疑問が。

「は?採掘????」

掘れば出てくるのか。

もう意味わからん。

しかも、そんなことは誰でも知ってる的とでも言わんばかりに、これ以上の説明はないなんて。常識なのかこれは?

 

こそっとグーグル先生に聞いてみることにした。

 

・・・・

 

採掘っていうのはだね、つまるところ、ブロックチェーンのことなんだわ。

ここで、私の中で少しだけつながった。

ブロックチェーンというのも、ここのところ、もやってた言葉の一つではあるけど、こっちはちょっとだけ調べたことあるのよね。

なるほど、そもそもブロックチェーンの考え方自体が、ビットコイン発祥だったのね。

 

はい、一気にいろいろ解決。

 

ブロックチェーンについても、今一つピンときてなかったけど、もともと仮想通貨から来ていたということを知って、両方わかったわ。

 

特定の国や中央銀行などが発行する通貨と違って、

世界中の多くのコンピューターが連携し合って発行する通貨であり、

そのやり取りは、常に透明、というわけです。

 

まあその、今までなかったものを作り出して、そこに価値を付けるのだから、多くの人が賛同しない限りは、広まっていかないんだろうな。

 

どうなるかな、これから先。

 

給料は、円でもドルでもなく、仮想通貨で、みたいな日も来るのかも。

 

 

 

ヒルトンタイムシェア 初めて使ってみました(2)お部屋編

2016年1月に、初めてヒルトングランドワイキキアンを利用しました。

同じく初めての人に役立つ(といいんだけど)情報を共有します。

 

チェックインについての情報は、こちらの記事を参照ください。

 

さて、お部屋は1ベッドルーム、シティービュー(つまり海見えない側)。

ま、そこが一番安かったからですが、グランドワイキキアンの場合、立地が奥まったところなので、オーシャンビューといっても、それほどの眺めではなさそうでした。

ペントハウスとかはさすがに眺めが良さそうでしたが)

16階のいわゆる山側の部屋だったのですが、左右に部屋がないため、ベランダに出ても横の人と"こんにちは"になることがなく、しかも、海もちらっとですが一応見えました。

それに、夜は街の光が見えたほうが断然キレイです。海って夜は真っ暗ですしね。

f:id:risuprotocol:20171114005202j:plain

つまり、グランドワイキキアンにおいては、オーシャンビューにこだわる必要はあまりないと思います。たぶん。

そうそう、ちょうど建設中の新タワーがよく見えました。

f:id:risuprotocol:20171114005119j:plain

 

さて、1ベッドルームというのは、間取り的には1LDKでして、キングサイズベッド(たぶん)とバスタブのあるベッドルームが1つと、シャワーブース付きの洗面所、ソファースペースとダイニングスペースとカウンターキッチンとがある、そこそこ広いLDKという感じです。

洗濯機と乾燥機のスペースもあります。

f:id:risuprotocol:20171114005036j:plain

 

 

大人2人だと、十分すぎる広さでした。

ハワイでいわゆる5つ星ホテルに泊まっても、スイートでないかぎり、1部屋しかないことが普通かなと思いますが、ベッドルームが別になっているので、とてもゆっくり出来ます。

 

部屋の雰囲気も落ち着いていて、なかなかよいです。

ピカピカに磨かれている、というほどではないですが、汚れが気になるとかそういうことはありませんでした。リネンや水回りは清潔な感じでした。ベッドも寝心地よかったです。

 

キッチンについては、なんでも作れそうなくらい、一通りそろっています。

コンベック、レンジ、IHコンロ、大きな冷蔵庫、炊飯ジャー、ミキサー、コーヒーメーカー、食洗機とディスポーザーもあります。

日本語のマニュアルもおいてあるので、使い方はわかります。

ディスポーザーの使い方だけ書いてなかったです。大きなボタンみたいなのを押したら動きましたが。)

 

フライパン、包丁、食器類もあります。

布巾、キッチンペーパー、洗剤、スポンジなどもあります。

洗剤などの消耗品については、「無くなった」と電話したら持ってきてもらえます。

コーヒーも2セットしか置いてなかったですが、言えば持ってきてくれるみたいです。

ただし、自分で買ったコーヒーを淹れたい場合は、ペーパーフィルターを買ってくる必要があります。

 

洗濯洗剤も2回分くらいは、あらかじめ置いてあります。

乾燥機は、思ったよりもふっくらとしあがりました。洗濯機が部屋にあっていつでも使えるのは、ほんと便利です。

 

タオル類は、多めに置いてはあるものの、毎回変えたいという人は、これも電話すれば持ってきてもらえます。

私は5泊したので、3日めに掃除が入ったので、その時に変えてもらうことが出来ましたが、5泊以下の人は掃除がないので、タオルの交換は依頼するとよいと思います。

 

ちょっとこれは、と思ったのは、バスアメニティ類が少ないこと。

5泊するってわかってるのに、ミニサイズのが1セットしかなくて、すぐなくなりました。バスアメニティには期待できない感じです。

 

あと、スリッパとバスローブはありません。(ペントハウスはあるのかも?)

スリッパは持参したほうがよいと思います。

 

部屋に関しては、そんなところですかね。

 

洗面所に関しては、シャワーもヘッドが可動式で、水圧も問題なかったです。

あ、ウォシュレットはついてません。

ホクラニにはウォシュレットついてるらしいですが、その他はまだみたいですね。

 

はい、以上です。